TOP > 梅辰のこだわり(品質管理)
厳選された小粒にんにくに、 国産かつお節の旨みと梅肉の程よい酸味がからみ合い、 絶妙のおいしさを醸し出す梅辰の「梅にんにく」。 昭和58年の発売開始以来、 全国の皆様にご愛顧いただき、 比類のないロングセラー商品となりました。 これからも、ずっとずっと変わらぬご愛顧をいただけますよう、 おいしく安心して召し上がっていただける商品をお届けします。
img_kodawari04-min
img_kodawari05-min

梅にんにくの製造工程(国内)

img_kodawari07-min
毎日続けて食べたい、にんにく
古代エジプトやギリシャ時代から栽培され、 人類最古の栄養源として重宝されるにんにく。 最近の研究によると、 にんにくを継続的に食べる人のがんの発生リスクは極めて低く、 がん予防に効果的な約40種の植物性食品の中でも、 トップクラスに位置付けされています。 にんにくに含まれるイオウ化合物等の有効成分は、 がん予防以外にも、脳卒中、心臓病などさまざまな生活習慣病の発生リスクを抑えると考えられます。 そんなにんにくを、毎日無理なく継続して食べられるよう、 美味しく仕上げた「梅にんにく」。 毎日食べるもので病気も予防できる、理想的な常備菜です。
加熱処理してもにんにくパワーは変わらない
にんにくに含まれる有効成分で臭いのもとでもある「アリシン」は、アミノ酸アリインが酵素アリイナーゼによって分解されて出来ます。酵素アリイナーゼは熱に弱く、加熱すると壊れてしまいます。その代わり人間の体内にあるビタミンB6がアリイナーゼと同じ働きをするため、にんにくとしての有効性は保たれ、しかも加熱によって臭いを抑えることができるのです。